外国の蚤の市でお宝発見

仕事でイギリスに行きました。
今回も半日自由時間があったので、仕事で一緒に行っていたクライアントの方から蚤の市に誘われ、ついて行きました。

私は蚤の市は初めてですが、一緒に行った方は慣れているようで、行先を迷う事なく案内してくれました。
ハロッズと違って蚤の市に来ている日本人は私くらいでしょうか。

アンティーク雑貨、特にランプや陶器が目につきました。
ビスクドールもありましたが、目が怖すぎて私は苦手です。

クライアントの方は陶器目当てらしく、古い有田焼の小皿を手にしていましたが、隣にあった古伊万里の大皿を見つけると、驚きの表情をかくしきれないようでした。
陶器には全く無知な私でもお宝を発見した事は分かりました。

詳しく聞くと、日本でもなかなか手に入らない古伊万里の大皿らしく、良い買い物をしたと満足気に蚤の市を後にしました。
私は結局何も買わずじまいでしたが、新たなイギリスを発見できて良かったです。

海外旅行や海外出張では、こうした現地独特の文化や風習、イベントなとが体験出来ることが人生の財産になっていますね。
日本に帰って自分からそういう話しをすると、自慢に聞こえると言って嫌悪感を表すのは男性が多いです。

逆に女性は目をキラキラさせながら聞いてくれるので、行動力のある女性はチケットの手配をしたりしてますね。
この間も、行ってきたという報告を受けて、こちらが驚いている次第です。

食肉選び
衣食住の食を極める食肉卸業者
健康的な食文化と食生活を支える企業。国内肉の事なら店舗用も個人用も相談ください。
meat-kimura.co.jp/

«
»