現地スタッフのレベル

「あのスタッフの態度が悪かった」「話しかけたら無視された」「困ったときに助けてくれなかった」など、嫌なことがあるとお客様の印象は一気に悪くなり、リピーターとなってくれることはほぼありません。

会社の印象のためにも、リピーターのためにも、注目されてくるのが「接客サービスマナー検定」です。
ただ、品がいいだけではお客様は納得されません。

お客様が話しかけやすい雰囲気を保つこと、居心地がいいことなども必要とされています。
この検定が合格して得られる資格はないですが、合格することでどの業種にも挑戦できる、自分に自信が持てる検定ではないでしょうか。

自分が楽しくなるようなもの、自分がプラスとなるもの、自分を磨けるようなもの、そんな資格・検定を受けてみて、この不況の中いろんな業種に対応できるスタンスを持っていることも大切かもしれません。

海外旅行ツアーでも現地スタッフとの契約が、リピートに大きく影響を受けます。
現地スタッフが日本人ですと安心感がありますが、逆に現地の人ですと、コミュニケーションに不安を覚える人がほとんどなのです。

そこで、更に不安にさせるような振る舞いがあっては、旅も台無しということで、徹底した日本人観光客向けの教育が死活問題になるかもしれませんね。
旅行会社も細かいところで、大きな投資をしているということでしょう。

一番いいのは、英語に堪能な友人をひとり連れて行くことですね。

«
»