自分に合った保険とは?

生命保険に加入している人は、最初は親や知人から勧められて加入した人が多いと思います。
ただ、保険の更新時期に見直しを勧められてもそのままにしておく人が増えています。

歳を取ることに心配する場所はどんどん違ってきます。
若い時は「死亡保険」などは気にしていなかったが、10年近く経ち家族が増えた時は、自分が居なくなっても家族が苦労しないように検討したり、数年前は入院5日後から使える保険が今は1日目から使えたり…、など、見直すところは増えてきます。

そして、保険は毎月の負担になると思われがちですが、若くして入っていた方が安い保険料で加入できるので、検討されている人は早めの加入がいいかもしれません。

自分はどの保険に注目するべきか、病気の可能性が高い場合はどの保険を深めに加入しておいた方がいいのか、など、保険の紹介員と相談しながら加入するといいでしょう。
必要ないところと必要だと思ったところを見極める力も大事です。

個人と法人では保険の使い方も変わってきます。
事業承継や節税のため、または従業員の福利厚生面でも保険は利用されています。
相続対策などは、個人と法人もどちらも検討の余地はありますよね。

ただし、プロフェッショナルな保険コンサルタントによる見立てが必要ではないでしょうか。
もしくは金融関係のプロである会計士や税理士の意見を元に、保険設計を組み立てることが出来る人を選ぶべきです。

«
»