葛飾北斎

日本が世界に誇る画家、葛飾北斎。
北斎といえば、「富嶽三十六景」が代表作です。

「富嶽」とは、言わずと知れた富士山。
「富嶽三十六景」は、様々なアングルやシチュエーションで富士山を描いた風景版画です。その中で三本の指に入る作品が「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」、「凱風快晴(がいふうかいせい)」、「山下白雨(さんかはくう)」。

これらの版画を、目にしたことが無い人は、おそらく、いないでしょう。

北斎は、版画だけでなく肉筆画も、風景画だけでなく美人画も得意。その実力は、ゴッホ、モネ、ドビュッシー、ドガなど海外の有名画家に模写されていることからも明らかです。

葛飾北斎は、謎の多い人物。雅号を何度も変えたり、引っ越し魔であったり。
90歳まで絵筆をとり続けたバイタリティとモチベーションも計り知れません。
当時の引越しは、さぞ大変だったでしょうね。

現代では、引越し屋さんがいますから、安心安全に実行することが出来ますし、予算に応じて、調整することが可能なサービスとして定着しています。

WEBの世界でも、サーバーの引越しは、ランニングコストや機能、アフターサービスなどを考慮して、比較的手軽に実施できるようになっていますよね。
データベースを移動させるのが、少し厄介ですが、引越し代行サービスもあるかもしれませんので、調べてみると良いでしょう。

«
»