暑気あたりの処置方法

夏になって、天気もますます暑くなりました。
高温の環境で生活して働くなら、暑気あたりになる危険があって、特に子供、お年寄りと妊婦などにとってもっと大変でしょう。

暑気あたりの処置知識を知ったほうがいいと思います。
暑気あたりは急病ですが、大量の汗が出て、喉が渇いて、めまいがして、耳鳴りがして、吐き気があるなどの前兆があります。

このような前兆が出したら、涼しいところに行って、少し休んだら症状が軽くなります。
軽い暑気あたりなら、前兆と同じ表現のほか、顔色も赤くなって、皮膚温度も高くなって、血圧も下がります。
このような状況は4、5時間を経って治ります。

暑気あたりの症状が出たら、まず人を高温環境から連れ離れて、涼しく、風を通すところに置いて、塩水を飲んだほうがいいです。
症状が重くなると、救急車を呼びます。

毎年のように、熱中症患者等の暑さによる不調で、救急搬送される人が増えていますが、我慢が裏目に出ることもあるようです。
特に、お年寄りはアエコンを嫌う傾向があり、しかも我慢を美徳としてきましたから、室内での熱中症で命を落とすこともニュースで知ることもあります。

我慢することによって命を落とすのは、非常に残念でなりませんよね。
恐らく本人も無念なのではないでしようか。
ちょっとした柔軟性思考が、こうした事故を防ぐのであれば、切り替えてほしいものです。

«
»