特産品の売り方

特産品の味見が楽しみという旅行好きがいると思います。
その客たちは喜んで色々なものをつまみ感想を述べ、一旦試食してしまうと心理的に「食べただけで去るのはなんだから」となりますので、店を出る前にはきれいにつつまれた菓子箱をひとつふたつと重ねてレジに持っていっていました。

また、客寄せで通りに従業員が出て話しかけるパタ-ンもありますが、これは人によっては効果的に働く場合とそうでない場合とあるようでした。

人とコミュニュケ-ションをとりながら買い物するのではなく、本当に自分が欲しい物を集中して自分の意志で決めたい人だってかなりいると思うからです。

このコミュニュケ-ションを喜べる人はこの誘導で店に入り、逆に嫌な思いをする人はあいさつもろくにせず離れていきました。

結果どういう風にデコレ-ションするか、何を目玉商品としてもっとも目立つところにおくかももちろん大切ですが、どのように客を喜ばせてみやげ品を上手に手にもつよう誘導することができるかを知っているお店が厳しいご近所との競争にも十分対応していけるのではないかと思いました。

どうやらまずは「喜ばせる」ということがひとつの鍵なのかもしれません。
しかし観光地の土産物屋は特に工夫しなくても、開店しているだけで売上が上がるのでしょう。
売上は客足次第というのもリスクですね。

«