潮干狩り

私の実家は国道を挟んですぐそこに海があり、この時期は潮干狩りやワカメ採りによく行ったものです。
亡くなった父はいつもバケツ3杯は掘っていました。

そんな懐かしさを抱きながら、車で30分の所にある漁港に子ども達を連れて潮干狩りに行きました。
ここは漁業組合が管理していて、潮干狩りをするのに一人500円の料金を支払います。
駐車場もあるのですが既に満車です。

ちょっと離れた病院の敷地に駐車し、歩いて海まで行きました。
海に着くと、あまりの人の多さに驚きです。

干潮なのですが、辺り一面デコボコと掘り返されています。
まだ掘られていないのは水際ぐらいです。

子ども達はカニを捕まえるのに必死でしたが、親は貝を採るのに必死です。
500円×2人分の貝を採るまでは帰れません。

1時間が経過し、潮も次第に満ちてきました。
潮が満ちるスピードは、思ったよりも随分と早く、気持ちは焦りますが、肝心な成果は上がらず仕舞い。

結果は小さなバケツに半分でした。
おかわり無しの夕食にはなりそうです。

次回は干潮の時刻を正確に調べ、混雑する前に駐車場を確保し、目標はバケツいっぱいにして帰る事です。
絶対にリベンジしてみせます。
もう少しポイントを絞らないとダメなのかもしれないですよね。

«
»