日本語能力を重視するなら日本人を雇って

大学院の先生のご紹介で、日本人社長の会社に就職しました。
社員は全部日本人でした。

私は初めての外国人です。
入社する前に、自分の日本語能力に自信があり、また、外国人にネイティブの日本語能力を要求しないでしょうと思いました。

しかし、入社まもなく、「○さんの日本語はまだまだ足りないよ。通勤や退勤の時、電車でMP3などを利用して、もう少し勉強したほうがいい」と社長に言われました。
どう勉強すればいいのかがわからなくて、特に日本語の勉強に力を入れませんでした。

三ヵ月後、「○さんの日本語はあまり変わっていないね」とまた社長に言われました。
結局解雇されました。

外国人にネイティブのような日本語能力が必要でしょうか?
日本語能力をそこまで要求するなら、直接日本人を雇えばいいのではないかと今でも思っています。

恐らく外国人労働者を雇い入れて、補助金を申請するためだけの目的だったのかなと、今の会社の社長に言われました。

こうした目先の利益だけを追及する経営者の元では、長くは働けないので、結果としては解雇されて良かったのかもしれません。
今の社長は、かなり戦略的で、将来的に海外進出プランもあるために、外国人を雇うのだと言っていました。

自らも現地語を社員から習っているので、実際のオフィス内では、日本語とごちゃまぜという感じです。

«
»